Archive   RSS   (Login)

備忘録的に・・・(;'∀')

Category: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Bar Bambi (お仕事)
Châteauneuf du pape 2006 Château de Beaucastel
シャトーヌフ デュ パプ 2006 シャトー ド ボーカステル
145.jpg
限定6杯 グラス¥2,000でご紹介いたします。

パーカー五つ星、クラスマン三ツ星の最高評価のローヌ地方を代表する生産者が
有機で丁寧に栽培、収穫したシャトーヌフ認定の13種類全ての葡萄を使用した
複雑味と凝縮感があり、なおかつ美しい液体を是非この機会にご堪能くださいませ。
この06ヴィンテージは特にエレガンスさが際立っています。

スポンサーサイト
Category: Bar Bambi (お仕事)
Bar Bambi Vins Blanc:France list 8/27
Picpoul de Pinet Prestige 2009 D.Cabrol (Languedog) \4,000
ピクプール ド ピネ プレスティージェ ドメーヌ カブロル
Limoux Peyre Jac 2009 Château d'Antugnac (Languedog) \5,000
リムー ペイル ジャック シャトー アントニャック
Chablis 2006 D.Nathalie & Gilles Févre (Bourgogne) \5,000
シャブリ ドメーヌ ナタリー エ ジル フェーヴル
Bourgogne Blanc 2006 D.Olivier (Bourgogne) \5,000
ブルゴーニュ ブラン ドメーヌ オリヴィエ
Bourgogne Chardonnay 2007 D.Seguin Manuel (Bourgogne) \5,000
ブルゴーニュ シャルドネ ドメーヌ セガン マニュエル
Pinot Gris Réserve 2006 Trimbach (Alsace) \5,000
ピノ グリ レゼルヴ トリンバック
Menetou Salon Morogue 2010 La Tour Saint Martin (Loire) \5,500
メヌトゥ サロン モローグ ラ トゥール サン マルタン
Bourgogne Blanc 2009 D.Fourrier (Bourgogne) \6,000
ブルゴーニュ ブラン ドメーヌ フーリエ
Rully Les Saint Jacques 2007 François d'Allaines (Bourgogne) \6,000
リュリー レ サンジャック フランソワ ダレン
Riesling Zellenberg 2007 D.Marc Tempé (Alsace) \6,000
リースリング ツェレンベルグ ドメーヌ マルク テンぺ
Gewurtztraminer Zottenberg 2008 Rieffel (Alsace) \6,500
ゲヴェルツトラミネール ゾッテンベルグ リーフェル
Coteaux du Loire L'Effraie 2008 D.de Beliviere (Loire) \6,500
コトー デュ ロワール レフレ  ドメーヌ ド ベリヴィエール
Bourgogne Chaumes des Perrières 2009 Raymond Dupont Fahn (Bourgogne) \6,500
ブルゴーニュ ショーム デ ペリエール レイモン デュポン ファン
Riesling 2006 Marcel Deiss (Alsace) \7,000
リースリング マルセル ダイス
Gewurtztraminer Kirchberg de Barr Clos Gaensbroennel 2008 Hering (Alsace) \7,000
ゲヴェルツトラミネール キルシュベルグ ド バール クロ ゲンズブロッネル へリング
Pouilly Fuissé Tete de Cru 2004 Ch.Fuissé (Bourgogne) \7,000
プイィ ヒュイッセ テート ド クリュ シャトー ヒュイッセ
Savennières Le Vieux Clos 2007 Nicolas Joly (Loire) \7,000
サヴィニエール ル ヴュー クロ ニコラ ジョリー
Sancerre La Bourgeoise 2007 Henri Bourgeois (Loire) \7,000
サンセール ラ ブルジョワーズ アンリ ブルジョワ
Sancerre Les Monts Dannés 1998 Pascal Cotat (Loire) \8,000
サンセール レ モン ダネ パスカル コタ
Coteaux du Loire Vieille Vignes Eparses 2008 D.de Beliviere (Loire) \8,000
コトー デュ ロワール ヴィエイユ ヴィーニュ エパルス  ドメーヌ ド ベリヴィエール
Ermitage Blanc 2005 E.Guigal (Côtes du Rhône) \8,000
エルミタージュ ブラン E.ギガル
Château Doisy Vedrines 1990 (Sauternes) \8,000
シャトー ドワジ ヴェドレンヌ (貴腐)
Château de Fieuzal Blanc 2002 (Bordeaux) \9,000
シャトー ド ヒューザル ブラン
Pouilly Fuisse En Buland V.V. 2006 D.Daniel et Martine Barraud (Bourgogne) \9,000
プイィ ヒュイッセ アン ビュラン ヴィエイユ ヴィーニュ ドメーヌ ダニエル バロー
Chassagene Montrachet V.V. 2006 D.Amiot Guy et Fils (Bourgogne) \9,000
シャサーヌ モンラッシェ ヴィエイユ ヴィーニュ ドメーヌ アミオ ギ エ フィス
Meursault Les Grands Challons 2003 D. Michelot (Bourgogne) \9,000
ムルソー レ グラン シャロン ドメーヌ ミシュロ
Meursault 1er Cru Genevrières 2008 D.Latour Giraud (Bourgogne) \10,000
ムルソー プルミエ クリュ ジュヌヴリエール ドメーヌ ラトゥール ジロー
Chassagene Montrachet 2003 D.Gagnard Delagrange (Bourgogne) \10,000
シャサーヌ モンラッシェ ドメーヌ ガニャール ドラグランジュ
Meursault 1er Cru Santenot 2000 D. Marquis D'anger Ville (Bourgogne) \11,000
ムルソー プルミエ クリュ サントノ ドメーヌ マルキ ダンジュ ヴィーユ
Château Monbousquet Blanc 1999 (Bordeaux) \12,000
シャトー モンブスケ ブラン
Chassagne Montrachet 1er Cru Clos Saint Jean Les Murées 1999 D. Fontaine Gagnard (Bourgogne) \12,000
シャサーヌ モンラッシェ プルミエ クリュ クロ サン ジャン ミュレ ドメーヌ フォンテーヌ ガニャール
Chassagene Montrachet 1er Cru Morgeot 1999 D. Fontaine Gagnard (Bourgogne) \12,000
シャサーヌ モンラッシェ プルミエ クリュ モルジョ ドメーヌ フォンテーヌ ガニャール
Chablis Valmur 2007 D.William Févre (Bourgogne) \13,000
シャブリ ヴァルミュール ドメーヌ ウィリアム フェーヴル
Chassagne Montrachet 1er Cru Les Caillerets 2005 D.Amiot Guy et Fils (Bourgogne) \14,000
シャサーヌ モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ ドメーヌ アミオ ギ エ フィス
Condrieu Quintessence (500ml) 2000 François Villard (Côtes du Rhône) \16,000
コンドリュー カンテッサンス (貴腐) フランソワ ビラール
Puligny Montrachet 1er Cru Les Foratieres 2006 D. Etienne Sauzet (Bourgogne) \17,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ フォラティエール ドメーヌ エチエンヌ ソゼ
Savennières Clos de La Coulée de Serrant 1999 Nicolas Joly (Loire) \18,000
サヴィニエール クロ ド ラ クーレ ド セラン ニコラ ジョリー
Puligny Montrachet 1er Cru Les Foratieres 1999 D. Etienne Sauzet (Bourgogne) \18,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ フォラティエール ドメーヌ エチエンヌ ソゼ
Puligny Montrachet 1er Cru Les Pucells 2006 Paul Pernot et ses Fils (Bourgogne) \18,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ ピュセル ポール ぺルノ エ セ フィス
Chassagene Montrachet 1er Cru Boudriotte 2000 D. Ramonet (Bourgogne) \19,000
シャサーヌ モンラッシェ プルミエ クリュ ブードリオット ドメーヌ ラモネ
Puligny Montrachet 1er Cru Champ Canet 2000 D. Etienne Sauzet (Bourgogne) \20,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ シャン カネ ドメーヌ エチエンヌ ソゼ
Corton Charlemagne 2000 D.Bonneau du Martray (Bourgogne G.C) \26,000
コルトン シャルルマーニュ ドメーヌ ボノー デュ マルトレー
Puligny Montrachet 1er Cru Clavoillon 1997 D. Leflave (Bourgogne) \28,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クラヴァイヨン ドメーヌ ルフレーヴ
Meursault Clos de la Barre 2004 D. des Comtes Lafon (Bourgogne) \29,000
ムルソー クロ ド ラ バール ドメーヌ デ コント ラフォン
Puligny Montrachet 1er Cru Clavoillon 2002 D. Leflave (Bourgogne) \30,000
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クラヴァイヨン ドメーヌ ルフレーヴ
Batard Montrachet 2002 D.Gagnard Delagrange (Bourgogne) \32,000
バタール モンラッシェ ドメーヌ ガニャール ドラグランジュ
Chevalier Montrachet 2001 D. Pierre Yves Colin Morey (Bourgogne G.C) \38,000
シュヴァリエ モンラッシェ ドメーヌ ピエール イヴ コラン モレ

Category: Bar Bambi (お仕事)
Meursault Genevrieres 2008 D.Latour Giraud
ムルソー ジュヌヴリエール 2008 ドメーヌ ラトゥール ジロー
グラス120ml/¥2,000 ボトル750ml/¥10,000
050.jpg
ムルソーを代表する1級畑から産み出されるワインがこの価格でご紹介できるというのは大変嬉しいことです。
味わいのほうもべったりとしたリッチなだけのものではなく、しっかりとしたミネラルの骨格と液体の密度、酸、
果実の複雑味がしっかりと調和しており、造り手も含めたテロワールをしみじみと感じさせてくれる逸品です。

以下インポーター資料より
現代ムルソーおいしさの頂点ムルソーの名高い一級畑、ジュヌヴリエールの7分の1を占めるばかりか、中でも優れた区画であるジュヌヴリエール・デュスの斜面上部中央を所有するラトゥール・ジロー。
当主、ジャン・ピエール・ラトゥールはその畑の中で語る、「ジュヌヴリエールはハーモニーのワインです。すべての要素が完全でなければいけません。ひとつでも間違いを犯すと、バランスが崩れてしまいます。」彼はこの神経質な、しかしもたらす幸の大きい畑から、多くを学んだに違いない。彼はムルソーの過去を振り返って語る、「61年と64年はいいヴィンテージだったにもかかわらず、ムルソーは売れませんでした。ワインの質は、現在の基準で考えると、ほめられたものではありませんでした。なぜならワインはすべて新樽に入れられていたからです」。
意外なことに、農家がネゴシアンにワインを売るときは、新樽に入れたのだという。
「ネゴシアンはワインを買うとき、新樽に入れてあればワインの値段に樽の値段を上乗せして支払ったため、それが一般化してしまいました。今でもオスピス・ド・ボーヌに伝統が残っていますね」。だが温暖なミクロ・クリマをもち、酸が低めのムルソーでは、新樽の過度な使用は酸化を促進した。「さらには樽熟成中の亜硫酸塩の添加が少なすぎ、現在の半分でしかなかった。
これも酸化をもたらすことになりました。それを恐れて今度は瓶詰前に多くの亜硫酸塩を添加したため、ワインが固くなってしまいました」。つまり、樽臭くてベトっとして固いという、昔のムルソーである。ムルソーは銘醸地としての名声の歴史が比較的短く、醸造技術が精緻化されていなかったのかも知れない。
15年前にドメーヌを引き継いでから、ジャン・ピエールはこうした事態を打破すべく、学校で学んだことに父の経験を重ね、そこから自分で試行錯誤して、まったく新しい独自の醸造法を編み出した。
まず、48時間以上という通常の倍に及ぶ長いデブルバージュを行い、汚れを完全に沈めた。
普通ならここで樽発酵に移行するところだが、彼はそのジュースを別のタンクに移し、さらに48時間静置して、今度は酵母を下に沈めた。その酵母を多く含む5リットルをタンクの底に残し、ジュースを引いて、樽発酵させた。ここでは酵母が少ないために、発酵温度は16度と低めで、ゆっくりと続く。そして残糖が10から20グラムになったとき、タンクの底に残した酵母部分を加え、さらに発酵を続けた。これが成功した。極めてきれいなジュース、天然酵母、そして 2ヵ月半に及ぶ長い発酵期間と低温により、ワインは繊細さ、複雑さ、滑らかさ、テロワールの個性を十分に表現することとなった。そしてそれは、ジュヌヴリエールのみならず、ムルソーすべてのワインが本来もつ気品を、正しく表現することとなったのである。

2008年は、2007年と比べると、果実味とフレッシュ感は劣るかもしれないが、より深みのあるワインです。
彼は言います。『2008年は、2006年のような凝縮感のある、それでいて過熟していない年になりました。』
彼は9月から3週にわたって吹いた北風のために、多くの収穫量が望めないことを確信していました。
『しかし、このおかげで、湿気が蒸発して本当に完熟した葡萄に恵まれました。いつも素晴らしい糖度に恵まれたワインになるか、オイルのようなワインになるのかは紙一重なんです。』と彼は付け加えました。
およそ15℃に保たれた低温のセラーで12月から1月まで、彼は非常にゆっくりとアルコール発酵を行います。
その後、さらに10~11℃の低温で管理されます。ほとんどのワインは最終的に残糖2g/L程度となります。
マロラクティック発酵も同様に遅いです。
一般的な生産者は3月にはマロラクティック発酵を終え、SO2の添加まで終了させています。
しかしラトゥール・ジローでは、私が試飲のためにドメーヌを訪問した6月の初めでも、未だにシュール・リーの状態でした。ジャン=ピエールは、ワインがより複雑さを求めていると感じ、3週間もバトナージュを続けていたのです。
International Wine Cellar Sep/Oct 09より抜粋

Category: Bar Bambi (お仕事)
Bourgogne Chaumes des Perrieres 2009 Raymond Dupont Fahn
ブルゴーニュ ショーム デ ペリエール 2009 レイモン デュポン ファン 入荷いたしました。
グラス120ml/¥1,300 ボトル750ml/¥6,500
052.jpg
この価格帯でムルソーのテロワールを感じ取れることができるお得なACブルゴーニュです。
人気品薄アイテムですので、良年2009年の入荷はこれが最後です。この機会に是非どうぞ。

以下インポーター資料より
レイモンが「とりわけ興味深い」と語るのは、ブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエール。このキュヴェにはムルソーの1級畑ペリエールとジュヌヴリエールに接する、本来村名クラスの区画(ムルソー・ド・ダヌ)のブドウが使われている。1975年に休耕地だったこの畑を購入し、植樹する際に「根を十分に張らすためには表面の土の層が浅すぎる」と考えた祖父のジャンは、他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得た。しかし、この一件は他のムルソーの生産者の間でスキャンダルとなり、彼らの抗議によってACブルゴーニュに格下げされたという逸話を持つ。現在も格付けはACブルゴーニュのままだが、その時植えられたブドウの樹は地中深くまで根を張って、ド・ダヌとペリエールのテロワールの恩恵を大いに受けた実を結び、『最高のブルゴーニュ・ブラン』と誉れ高いワインを生み出している。

Category: Bar Bambi (お仕事)
Gevrey Chambertin Cuvée Cœur du Roy V.V. 1999 D.Bernard Dugat Py
ジュヴレイ シャンベルタン キュヴェ クール デュ ロワ ヴィエイユ ヴィーニュ 1999 ドメーヌ ベルナール デュガ ピィ
グラスでご用意しております。 60ml/\2,400 120ml/\4,500
bernard.jpg
言わずと知れたブルゴーニュ最高評価のトップドメーヌ、デュガと言えばベルナールです。
樹齢50~90年の古樹のみを使った特別キュヴェでた複雑で深みのある果実味のシルキーな液体は
ただただ官能的で五感の全てを使って味わいたくなります。
この機会に是非感じてください。

Category: Bar Bambi (お仕事)
Los Colmillos 2008 Bodegas Abanico
ロス コルミリョス 2008 ボデガス アバニコ
Glass \1,300 Bottle \6,500
056.jpg
今期分は残り僅少です。
1870年に植樹され、トロの厳しい自然の中で乾燥ニモマケズ、フィロキセラニモマケズ。
140年余り生き抜いたスーパー古樹から15hl/haという超低収量で収穫された凝縮感溢れる果実から
産み出される濃厚でパワフル、それをささえるミネラルの骨格、まろやかなテクスチャーをもつモンスターワインです。
ちなみにPP92、IWC91と濃いぃ~&エレガントなのがお好きな方にはプライスパフォーマンスも最高のワインです。

07 | 08  (2011) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter
プロフィール

よしきょん

Author:よしきょん
Ikutani Yoshikiyo

バナーを作成

Bar Bambi / バー バンビ

Facebookページも宣伝
2010年10月吉日より
Bar Bambi
大阪市中央区東心斎橋1-13-7 Flags Bldgs 2F
06-6243-1228
Mon-Sat 18:00-4:00
にて、ディレクター/ソムリエとして勤務しております。

日々勉強中ではございますが、
安いワインを安く売るではなく、
高いワインを高く売るでもなく、
天地人が織りなす、飲むべき価値のあるワイン、
かつプライスパフォーマンスの優れたものを、
自腹で飲みたい良心価格でご紹介しております。ただ飲みたいだけ?

違いが解り、遊び心に溢れた大人に気張らずに愉しんで頂けるよう、
あらゆる引き出しを持った店づくりを行っていきます。

少年の心を持ち続けたコヤジです。
特技は洗練されたオヤジギャグと豊富な経験に基づいた?下ネタです。
体弱いdeath。最近寝ても疲れがとれましぇん。
身長176cm、体重6○kg。育ち盛りです。2012年追記、最近70の大台ラインをせめぎあっております。
几帳面でないA型、水瓶座、孤独好きだけど寂しがりやです。
お酒は洋の東西を問わず大好き、でも独りでは飲みません。
だって涙がでちゃうから・・・。
飲み会大好き、のこのこ出て行きます。
はしゃぎすぎて大切なものを失うこともしばしば。
でも得たものもプライスレス。
ポロクラブ改めモロクラブの一構成員です。
齢30の声を聞いてからは記憶を失うことも増えました。
でも帰巣本能が備わっていることを実感。
大人になんかなりたくな~い。
とも言ってられなくなりつつ・・・。
でも全然成長してなかったりとアンビバレントな感じが意外と心地良いかも。


服は着るのも脱ぐのも脱がすのも大好きです。
90'sは蘊蓄好きのビギン君でブリティッシュからクラシコイタリアの王道ファッションこだわりの物に目覚め
00'sはプローサム、ラフ、カヴァリ、ディオールオム、グッチ、ドルチェ、ヴィトン等のプレタ系に傾倒、散財しましたが
10'sはもうなんでも良いです。デフレ万歳。
そう、人間は生身、もとい中身で勝負。
肉体や肌質が輝きを失い始めてからは補うように原色、アニマル柄、光り物がアイコンとなっております。
大阪のおばちゃんとハイファッションの融合を提案していますが理解者は意外と少ないようです。


腕時計は男の嗜好品。でも、もう欲しがりません。勝つまでは。
とある秋晴れの日に空巣に根こそぎ持っていかれて、あきっすねぇと呟いたのも今では良い思い出、
になるわけないし。


栄光と挫折のあしあと
オイルショックの最中、種を付けられる。
両親から一文字ずつとって義清。最近聞いたが兄が思いつきでつけたらしい。
かわいかった幼少期、しらないおじさんに連れていかれそうになったらしい。
小学生時代、塾をサボってゲーセン通い。人生で一番羽振りが良い時期。
団塊Jr.のお受験ブームで名門中学を入試するも門前払い。
バブルの恩恵を受けることもない中学時代、ホルモンのバランスを崩し太る。
しかも毛が生えるのが人より遅く悩む。
清風高校時代、男子校で女性に縁なし、毎日片思いの女の子と同じ車両に。
これってストーカー?クラスの半分はメガネ。通学ラッシュに揉まれ痩せることに成功。
背も伸びる。人間は揉まれて成長するって本当だよ。だれか揉んだろか?
般若心経をマスター、でも徳健財を兼ね備えた人間には程遠い。まぁ青春だね。
関西学院大学経済学部時代、やっぱミッション系の方がもてるよね。
貧しいながらも自給自足の楽しい独り暮らし。
夏は沖縄、冬はスキー、週末はダンスパーティやBBQみたいな節操のないサークル活動。
世は空前のDISCOブーム。お立ち台で惜しげもなく肌を露出し扇子を振り回すお姉さまに翻弄される。
そのころのお姉さまはサービス精神に溢れていた。良い時代だったなぁ。
酒やいろんなものに溺れてみたりもした。
バイトはバーテンダーが多かったかな。給料貰えずに潰れた会社もあったなぁ・・・。
学生生活謳歌しすぎて気がつけば世は不景気、ライバル多いで就職難。僕たちロストジェネレーションなんです。
就活の敗者モラトリアム期間、資格ブームに乗せられ法律の専学に行くも浅学にて頓挫。
フリーター時代、飲食総合企業オペファクの愉快な仲間たちと遭遇。
大箱のデザイナーレストランで毎日大量にカクテルつくってました。
S趣会が飲食店舗をこっそりやるということで一応白羽の矢が立ち、挑むが
予定調和か実力不足か1年強で閉鎖の憂き目に。
30代前半古巣のオペファクに出戻り。店舗マネージメント、開発などいろいろ学ばせて頂きました。
やっぱり生涯一プレイヤーとしてやっていきたいなぁと思いもあり、円満退職。
アングラな世界も経験して人間に幅ができたかな。
30代後半前期、ボインより好きなワインのスペシャリティになるべく、北新地の老舗ワインバーに飛び込む。
ワインってただ単に酔うためのお酒ではなく、こんなに美しいものだったんだと心酔。
これから先はワインと共に歩き、そして酔う。

わくわくな不惑を目指して切磋琢磨。


こんなデスぺラートな私ではありますが
どうぞよろしっくお願い申し上げます。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。